旅とバイクとビールとワンコ

特に目的もなく、世界各地を巡ってみるよ (H20.02.19~)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そうなんだよ!!昆明に行く時間がなかったのだ!石林とか有名なのにねー。
残念。次回いこう次回。というわけで普洱、茶ーだ茶ーと歩くが案外茶店ないね。
時間が早かったから開いてなかったのかなー。残念2。

ギリギリで国境越えもなんだから、余裕を持って国境近くの街、モン腊(Mengla)
まで行っておく。さすがにここら辺の土地はもう中国名では無いね。Menglaまでの
道も、街並みももう南国チック。椰子が生えてたりフルーツにも変化が見られる。
街路樹が椰子の木だーよー、まさに南国ですよねー隣でブヒブヒブヒブヒ言われちゃ落ち着かないんぢゃないの?!
あぁ帰ってきた(違w あと、途中でまた豚いたあああああああw 今度は写真撮れたぞ!

街に着いて、そのまま越境バスチェックすると、今日はもう無いよとのこと。うああ
ギリギリで来なくて良かった・・延滞罰金500元とか馬鹿馬鹿しいもんね(´`)ホッ
宿を取って町歩き。南国の雰囲気に明らかにウキウキしてる俺が居るw パインに
齧り付いたりしてる。麺にナンプラーとかライムとか麺に突っ込んだりしてる。
露天で食ったNoodleSoupだあああ、いわゆる全部載せw南は安いなー、これを基準にしたらどこもいけなくなっちゃうよw
あーホント飯が最高だったなー中国。雲南が楽しかったから、チベットには今回
行かなくても良い気になってきた。
スポンサーサイト
どんどん南下して、大理まで降りてきた。12日までのビザだからかなり早足。
ココも古城周辺が見所で、新市街(下関)からはだいぶ離れているから不便。
古城はどこも瓦が綺麗にならんでますなー新しい街は、どこも一緒だねーチェーン店ばかりだし
旧市街には市場も学校もあり、観光地ながら地元民の生活も垣間見られた。

まずは旅人情報ノートがあるのと、日本料理がお薦めと聞いていたので、
菊屋っていうレストランに向かってみる。そこで宿を訪ねて教えてもらう。
古井客桟、名前の割に新しくて凄く綺麗w(25元/day)。和食は夕飯に再度
伺ってカツ丼食ったああ!肉も味もちと薄かったが久々の味付けが嬉しかった。
カツ丼だあああああ!!響きだけでいいですねー、カ ツ 丼!これ冷たい奴ねー、暑い日は好いかもしれないけど、今日は雨w
右の涼鶏米銭は色んな所で見たから名物なんかなー。温かい版の方が美味い!

観光で遠出する気がないから、近くをグルグル歩いてみる。チャリもいらーん。
どうみても馬ふ・・!いあ、茶タワーだあああ、スゲーw何重の塔だろー、数える気にもならんなー。
なんか似てね?意識してんのかな。右のバフンウニ様なのは茶ね。わかるかw

んー、普通な旅日記だな。面白いことも、テンションもあんま上がらないなー。
空気が濃すぎてボォーッとしてんのか?逆だろ普通w 移動移動、次は普洱か
景洪行ってみる。プーアル茶の普洱かな。ティーブレイクしたいとこですな。
同じ道より、遠回りしてでも別ルートをえらーぶ!あ ダライラマの写真山越えー、席によっては景色が全然違うから、換えてもらおうー

おいおい、幾らミニバスとはいえ頑張りすぎだろw これ迂回路まーた検問ダー、警察の検問、軍の検問とめんどくせえええええ!

この集落は、なんか人民帽被ってる人多かったなー。バスンと鈍い音と共に、減速停止・・もうトラブルは慣れっこか
山越え、川越え、検問越え、集落越え、パンク越え!もうずっと田舎の
オンパレードw ようやくたどり着いた維西の街は案外開けてた。

まず探すのは宿だが、最近は好調。どうだい?これが10元の部屋だぜ!w
俺が宿断る理由ってなんだろ?汚さ?これ以下ってそうないしなーこれ父!夕方くらいからは、忙しくてもう厨房に入りっぱなし
どうにか誤魔化して写真撮っても汚ねーな・・。日当り、風通しは抜群!
でも、食堂兼ねてるからイイ匂いの煙がモクモクと・・。スタッフは親切だ。

街を歩くと旅行者なんか全く居ないから目立つなー、食堂入ってみても、
店員のねーちゃん達がずっとクスクス笑ってるし。しかし安い!かつて
無いくらい安い!!定番の蛋炒飯とか3元だって! 嬉しいねーこりゃ。
確か香港でも、こんな風景見たなー、劣化版だけどwんー、色鮮やかでつい1枚、ただの玩具ですはい。
山だもの当然か、坂の多い町でなかなか好きだ。がしかし、今、中国
何処でもそうだけど、ココも例に違わず建設ラッシュ!新しい街作ってる。
なんか不似合いというか、分相応の生活でよろしいと思うのだが・・。

ゆっくり歩いても2時間もあれば見て回れる小さい街だ。観光名所なんてないだろし。
市場でビールのつまみに高級ライチ(4元/斤)を買って、宿の食堂で嗜む。これぁうめえ!
変な外国人が居ると、警察までいちいち出向いて来た・・皆暇すぎだろw 筆談したり、
喋れる振りをしてみたり、中国語教えてくれたり、いちいち構ってもらう。楽しいな。1本2本・・
いつの間にか4本も空けてしまった、時間持て余すのもよくないなw
宿は家族で経営してた、これは長男。カビラ氏似?ビールがいっぱいダー!幸せだー、肴もうめええええ!!
同じ道引き返すのって面白くないよね。しかも、ひたすら山道なんて、なので、
香格裏拉から徳欽に向かってみた!徳欽は標高約3300mと更に山奥の街。
道中4200m超の峠を超えたりかなりスリリングらしいw 楽しみだ。

朝一のバスは、満席だったから1時間待つ、その間に朝飯済ますー。
もー、何度食べたことか 朝飯の定番メニューwうわあああああ、吸いこまれるうううう・・

定番中の定番、慢頭と豆乳、中国来て50個は食ったんぢゃなかろうか。
んー、見た目から安さが染み出していますねーw でも美味いんだあああって!
右はバスでの一場面ね、荷物は屋根の上に乗せるからここから出入りしてた、
普通は梯子がついてるんだけどねーw

出発すると、ナパ海っていう大草原を観ることも出来た、今の時期は菜の花が
咲いてて綺麗なんだなー、そしてすぐ山道に入っていく。走り出して30分もしない
うちに前に座ってる現地人の娘が、外に向けてゲーゲー吐き始めて参ったね・・
山に住んでたら慣れてるんぢゃないのかよ・・('A`)ミタクナイ でも絶景は観たいいい。
んー、写真ぢゃ伝わらないかなぁ 俺の技術では・・ぴかあああああああああ!!なんかたまたま良く撮れたw
もう始終絶景!!途中、聞いてた音楽が気持ちが同期して、涙が出そうだったよ(´;д;`)ブワッ
信仰心もないのに、あああああ神はこんな所に居るんだろうなああーと。全く都合の良い神だw

禿げ山禿げ山ー もうこれは手遅れですねーw頂に雪被ってると、なんで感じ方が違うんだろうかね
熱帯の森林限界は標高高いらしいから、やっぱり4000m以上走ってたんだねー、俺は
マレーシアで4000m以上体験してるのもあってか、高山病の気配はなかったよ!

完全に興奮しきって疲れたのか、峠を越えて暫くしたら寝てしまった。気がつくと、
もう街が目前だったねw あー、そういえばこの旅路でも途中検問があって、外国人
はいちいちチェックされてたね。俺寝てたから、うん寝てた寝てた、気づかんかった。
あああ街だあああああ 現実に引き戻されるうううこの少し後、二重になったのだ!!写真じゃわからない位の・・
街は大したことなかったけど、もう道中が充分満たしてくれたからおk。同じバスになった
アメリカ人のMichaelと、夕飯食ったり、お菓子食って談話してた。日が暮れる頃、もう一度
山を見に行こうと高台に行くと、雲行きが妖しくなってきて・・虹が見られたw 誰もいないし、
無駄にマイクと騒ぎ合ってた。ウヒャアアアアア、すっげ神秘的!もう今日最高!みたいなw

このルートはお薦めだわー、バス酔いしない人は是非とも生涯に一度でも山を拝んでみて!
なんだこの酷い息切れは・・体力落ちたのかと思ったが、高山だもの当然だよ、
うん。調べると標高3200m強とな!でも、2日目だから慣れるはずぢゃ・・
考えるな考えるなw しかし寒い!日が落ちてからの気温の急落ぶりときたら、
投資家も真っ青ですよ、ったく。そらーニットも着るし、毛布にもくるまって寝るよ、
避暑通り越しちゃったw 夏から冬へ、極端だな全く。

せめて日差しだけでもと、お天道様にお願いしてたら!ドッピンカン晴れ来たー!
うへー、山ならではのスゲー強烈な日差し。俺みたいな半端者は溶けてしまい
そうな、なんとも清い光だ。ピカー!さらに!街のどこを歩いても絵になる!
街並みー 鱗雲が綺麗だよねー、地面が白に近いから眩しい青と黄色!これぞ究極の自然色コントラスト!!かな?
うぉおおおおお、各所で唸ってた。人居ないから善いんだよ!独り言くらいw

これは快晴のうちに観光せねば!と慌ててローカルバスに乗り込む。松覚林寺!
とりあえずガイドに載っていたので行ってみると、ウヒョー!これは、凄い!
天気のせい?いやいや、なんとも存在感がある寺だ。
ポタラ宮に似てるって言うけど、ポタラ宮みてないかんなー・・チベット仏教の旗はタルチョていうのだ、勉強になった?

うはー、ぢつは雲ってオババが作ってたんだ!!?うひー、住んでたら落ち着かないだろうけど綺麗ダー
坊主と話しても、実に敬虔なチベタン仏教信者、どっかの生臭とは・・w 色鮮やかな
建物いっぱい、腹一杯でございます(*´▽`)プハー ココまで感心するとかあんまりないね、
やっぱチベット行くべきなんだろなー!

ふう、小休止は街の市場にて。日曜日だからなのか、民族衣装着てる人達が多く
感じた。山奥から下りてきてるんだろかね。屋台も繁盛してた。ここ最近俺の流行
「豆花飯」5元。麻辣豆腐みたいに炒めないタイプだな。美味くてヘルシーだ。
安くてボリュームあるなんて最高ですよねー、粗食粗食民族衣装の人達いるのわかるかなー、ピンクの帽子は目立つ
だけんども、辛いモノ依存症には拍車が掛かるばかり。紅いモノを見るとゾクゾク
・・しないってw どこの店でも「辣椒?要要」w

夕方、古城で出会ったt君と待ち合わせて、それぞれ本日の成果を自慢しあうw
t君も良い写真バチバチ撮れてて、ここでもまた唸らされた。今の若人は全くセンス
とか感覚がよろしいようでw んで、狙っていた串焼き屋台を目指すと、おぉ!
だはー、ビールでないのはちと寒すぎたからw 温かい茶が美味い軽やかなリズムに合わせて踊れ踊れ-、日本で言う盆踊りみたいだー
1軒どころか屋台街になってるぢゃないか!約30張くらいの屋台が風除けの
ビニールを垂らしてズラーッと並んでる。これは、ガイドにも載ってないし、観光客も
あまり居ないし・・穴場か?!未知の串を堪能して帰る。  あ、街の真ん中の広場
では皆盆踊りライク誰彼構わず踊りまくってた。俺も酔ってたら・・w 香格裏拉好いわー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。