旅とバイクとビールとワンコ

特に目的もなく、世界各地を巡ってみるよ (H20.02.19~)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
下れ-、下れ下れー、もう用はない下れーw ずっと小走り。
ne085.jpgne086.jpg
ne087.jpgne088.jpg

チャド「なぁとむよ・・俺等の横思いっきりJEEP走ってったぜ!?」 俺「うん、みたみた」
ne089.jpgne090.jpg
チャド「アレ、使わね?」 俺「え?俺は大賛成だけどいいの?モロにチートぢゃんw」
チャド「楽なら良いんだってw」 俺「ウッハ、メッチャ賛成、俺ももう飽きてたんだー」
俺「Ericはどうするー?」 Eric「俺は最後まで歩くヨー、気にせず先行ってー」
・・・
というわけで、2日分の行程を一気にグアアアアアっとJEEPで駆け抜けたよ。
景色見てたけど、大して面白い所はなかったね、うん。正解正解。チャドは俺の旅が
まだまだ長いからと、全部負担してくれた・・あれ、相当高かったのになぁ・・良い奴だ。

ne091.jpgne092.jpg
ne093.jpgne094.jpg
ne095.jpgne096.jpg

JEEP降りた街にはなんと、温泉があり、そこで疲れを癒す。俺等はココで
湯に浸かりながらビールを呑むっていうことだけを楽しみに後半頑張ってきたから
ココは最高でしたw そこから今度はPoonHillっていう西側で一番眺めが良いって
いう丘。3000m以上までまた登るのだ・・。でもねー、せっかくだからねー。
実際、PoonHill行ったけどしょぼかったw 今までの5000mとかの景色に比べると
全然大したことなかった、よって一周全部周ってきて良かった!

そして、また延々下り。2日行程を1日で駆け下りる。脚がパンパン。膝がガクガク。
最終日が1番ハードだったかもしれん・・。 でもなんとか全行程終了~★
一生の思い出になりましたとさ! おしまい
スポンサーサイト
メインのTHORONG-LA PASSを目指す!朝4時起き、完全装備で出発だよ。

ne073.jpgne074.jpg
Ericは標高が高くなるに連れて睡眠不足とたまに寝鼻血してたなぁ。

宿から最初のHighCampまでがいちばんキツイ登り。なのでHighCampで
もう1泊する人達もいる。俺等グループはペースが違うから下から。
結局45分位で登ってしまった。HighCampに泊まった人達が、まだ朝起きて、
準備してる内に先へ行っちゃうもんねー(こういうの好きw)。
ne076.jpgne084.jpg

んでHighCamp過ぎたら、雪山登山始まったー!!コレが5,000mの世界ぢゃー。
歩けば歩く程白一色近づいて来るんだー。そして、雪ってやっぱ踏みしめてる
って感じがしていいねー。ザクザクザク・・!防寒着とサングラスが必要なの
がよく分かった。登山靴の有り難みはもう低層から重々感じさせて頂いておりますw
ne075.jpgne077.jpg

岩より雪の方が全然歩き易いんだー、ただ凍ってる所はヒヤヒヤ・・ちょ、
洒落じゃないって!あぁ、これ滑って二歩目を誤ったらもう戻れないなって
とこは偶にあったね、アレはスリリング。もうほぼ白一色の雪原に出たり、
大きい傾斜を見かけたり、ザクからサクっとパウダースノーを感じたりすると
・・ああああスノボしてーなー、何度思ったことか!(おい

ずっと曇ってるねーKumar、と聞くとPASSの辺りは晴れるよって見事的中!
ne078.jpgne079.jpg
ne080.jpgne081.jpg

晴れたー!そして、PASS見えた嗚呼嗚呼!!遂に前半ゴールー!!!!
皆で喜びを分かち合う、ワーワーやってるけど束の間、下山スタートです。
ちなみに横の建物は最高額茶屋(Rp125/cup)

ne082.jpgne083.jpg
PASSっつっても看板があるだけね、登山家、景色を楽しみに来てる人、
歩くのがトコトン好きな人、何かに挑戦したい人、高いとこ大好き!!人w
色々な思いで来てる人いるだろうけど、俺は満足じゃー!!
綺麗な写真を並べていこうかのぉ。
このトレッキングだけで、1000枚は撮ってると思うから選ぶのも大変ぢゃー。
説明は、なくて良い?よね、うん。了解感謝しますww

4000m近辺の写真ね-、まだまだ自然も多くて綺麗よねー。
なんといっても、歩きながら様々なPeakが見え隠れするのが嬉しいのだー。
分かりやすいでしょ、標高4000mジャストはこんな感じこういう絶景は他ではあまり見れないよね-、来て良かった
山の斜面に畑作るから、どうやったって段々畑太陽近ッ!こらあ焼けない方がおかしい
祠は至る所にあるよー、清潔な白がまたいいねー絶壁というか、デカイ1枚岩?これは凄いんよw
高山ですもの、紅葉もしますよ。4色がいいでしょ崖崩れも豪快ですなー、遭遇したくはない、絶対に
お釜だったっけな、ただの水たまりだったっけなww麦畑-、風に揺れて黄金に輝いてますなー。有り触れたコメントw
どうどうどうよー?こんな素晴らしい景色なかなか有り付けないんだぜー!
前半(東側ルート)は最高に楽しい。時間無い人はこっちは歩かないしねー。ふはは

どれどれInternet料金はっと・・いつの時代だよこれwMANANGきってのアルバムのタイトルがああああ・・
インターネット1時間1200円以上ですってよww 富士山ってどうなんだ??見なかったけど。
右は中学生(え?俺?)大喜びOhNaaniアルバム。中身聞いてみたかったなー、
MANANG SONGS?民族音楽だよねー、これでJAZZとかだったら笑うなーw
Annapurna Circuit Trekking!! アンナプルナサーキットトレッキング!
俺は16日間だったけど、勿論人によって行程は変わるね、早いと14日、
ゆっくりでも21日位かな。幾つかに分けて載せマース。


えーと、俺は自分の荷物のくせに、運べる気がしないから、ガイド兼ポーター
を雇いました、1日$10です、高い気もするが俺の体力では必須・・。
PorterのKumar ネパール人も色黒ですたくさんあるチェックポイントの1つ-、めんどくせー
名前はKumar、この道12年、俺より小柄でなのに全然パワフルで早い、さすがプロ!
彼の荷物も合わせると、裕に20kgは超えるね。まぁ地元ポーターは50kg以上の
鉄骨を担いでる人達も居る・・そらあ、滑落者も頻繁に出るわなぁ。恐ろしい仕事。
こんなトタン屋根を担いぢゃいます鶏も担がれてるとは意外だった・・ これが皆食われるのですな わかります
ちなみに、CheckPostは10ヵ所くらいはあったかなー、
だからPermit無しで来るのは無茶。皆さんちゃんと買ってきましょうw

あと、一緒に登ってたのが、カナダ人のEricとそのガイドのGanger。
Ericの父親も山登りする人らしく、先にネパールに来たのを僻んでたらしいw
Gangerってガンジス河と一緒でしょって話しをしたアウトドアなカップル、ハンティングなんかもしちゃいます
途中からカナダ人カップルのChadとMorganも合流、カナダ人どんだけ山好きかw
荷物が軽ければ個人でも行けると思うけど、慎重派に限る。俺と同じく、
常に自分の選択肢が正しいと思っちゃう様な人は迷うかもねw
ちなみに、CheckPostは沢山(10ヵ所位)あるから、Permit無しで行くのは無謀。

主に谷を歩くから、河を眼下に望みながらが多い。水の音は癒されるねー。
いかにもな谷!こーゆ所ねこーゆ所w乾期のみにしか行けないショートカット!
視界が開けると、疲れが飛ぶんだぜー(俺だけ)川越は大概橋ね、風が気持ちいいんだー
水と言えば、湧き水ウメエと飲み水かどうか定かでない水を、構わずがぶ飲み
してたら下痢に見舞われ、序盤は全然ペースが上がらなかった。しかし、
標高が上がってきつくなるのと反比例に元気になっていく俺を見て、
皆は変人だと言っていたww そう褒められると照れちゃいますw テヘ


イントロはこんなもんでおk?
菓子ばりうめえw なんでこんなにいっぱい菓子有るんだ、食っちまえ!
 
はあああああっっ、いつの間にか登山用の菓子が減っているううΣ(゜◇゜;)

あー、政府がなにやったかしらなんだ、今日朝になってスト始まったようで・・
交通機関がストップ、商店もほとんどが閉店している始末・・バンダっていうらしい。
月曜日から休日なんて、日本人なら大喜びだろなーw ネパリーズは暇そー
閑散としてるっしょw

つまり今日はどこにも行けず、出発は明日に延期だよ・・ったく。
もう菓子食うしかないっしょこれはっ!うめえええなこのチョコレート。ハムム

でもカトマンズにまた1泊出来るのは嬉しい。寺とか空いてるから
ブラブラして茶でもしてこよーっと、菓子持参で!!

帰る頃にはもう街は普通に活動してた!終わったって事かな?
ガヤガヤしてる方が良いときも有るねwNepal Iceていう銘柄、もちろんネパール製!厚着して冷たいビール!
また活気が戻って良かった、明日こそ動けそうだ!!

ちなみに、THAMELは繁華街だけど、決まりなのか夜は22時過ぎ
には静かになるから素敵!ビールは前夜祭とでもいいましょうかw

今度こそ行って参る!!(・ω・)ノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。